忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/01/17

完全に勝つ人




「無理だな、お前達では 

絶対俺に勝てはしない 

無駄な事はやめておけ」 




こんな台詞で助けるのが 

キレイなお姉さんなら 

言う事はなかったのだが 




「ありがとうね本当に 

あなたは命の恩人よ」 




そう言って目の前で 

泣いて俺に礼を言うのは 

愛嬌のあるかわいらしい 

おばあちゃんだった 




俺は自慢だが学生時代 

ずっと空手をやっていた 

腕もかなりのものだと 

自負していいと思ってる 




しかし真に残念ながら 

俺の今の戦場はこの社会 

しがないサラリーマンの 

下っ端の営業に過ぎない 




過去の輝かしい栄光とやらは 

俺の営業成績に何の貢献も 

してはくれなかった 




せいぜい腹一杯になるまで 

蟻のように働くしかない 




だが今日は少しだけ

いつもの俺とは違う

大きな見積があるのだ

こいつはかなりでかい




プレゼンの資料も完璧

昨日も夜遅くまで見直し

細部のチェックも怠り無い




前日に見積提出先の街に

到着しホテルで一泊の間

自分でも感動する出来の

素晴らしい資料になった




これなら初めて会う顧客も

大満足間違いなしだと思う

翌日、寝坊さえしなければ




慌ててスーツに着替え

宿泊先から取引先へ

俺は全速力で走った




……で、その途中に

このおばあちゃんが

何者かに襲われてるのを

偶然見てしまったわけだ




見積を提出する相手は

もうすぐそこのビルに

いるというのに俺は

完全に遅刻が確定した




でも目の前で泣いている

おばあちゃんを見てると

恨む気にはなれなかった




「命の恩人なんて大袈裟だよ

ほらおばあちゃん

大丈夫かい

立てるか?」




俺はそう言って

手を差し伸べたが

おばあちゃんの手は

俺の手に届かなかった




腰を抜かしているようだ




俺はおばあちゃんを背負って

おばあちゃんが指差す方向へ

力無く歩く事にしたのだった




「本当にごめんなさいね

何か用事があったのじゃ

ないかしらひょっとして」




おばあちゃんは気を使って

そう言ってくれたが俺は

失望を必死の努力で隠し

努めて明るくこう答えた




「いいさ、どうせ可能性の低い

成功するかどうかわからない

不確定の仕事の話だったから




それよりおばあちゃんこそ

口から血が出てるじゃないか

ひどい事する奴らだな、全く

何で警察を呼ばなかったんだ」




おばあちゃんは

震える細い声で

悲しそうに答えた




「あれは私の親戚なのよ」




絶句した俺に彼女は

さらに言葉を続けた




「このあたりは昔は

ずっと向こうまで

田んぼだけだった




私は幼い頃貧しくてね

その辺に生えてる物で

食べられる植物を煮て

飢えを満たしていたわ




お金が無ければ

幸せになれない




若い頃はそう信じて

必死になって稼いだ

田んぼを売った金で

事業を起こして、ね




私はただ幸せに

なりたかっただけなのに




いつの間にか私の財産を

狙う親族間の醜い争いに

巻き込まれてしまったの




人生の最後で私は

こんなにも不幸に

なってしまったわ」




再びおばあちゃんは

俺の背中で泣き始めた

なぐさめる方法なんて

わからないまま俺は言った




「俺さ、実は見捨てて行こうと

最初は思ってたんだよね

でも今はもう後悔して無いよ



おばあちゃんの言う通りだ

さっきまでの俺は目の前に

ぶら下げられたニンジンに

興奮して走っていたんだ




あるかどうかもわからない

成功と金を期待してね




そうだよね、人間食べて

友人がいて、家族がいて

毎日生きていけるだけで

それだけでもいいんだな




実は本当の幸せなんて

もう既に手に入れて

いるかもしれないのに

それにも気付かずにさ




醜い男だよね、俺も」




おばあちゃんは笑いながら

こんな事を俺に言った




「あらそんな事は無いわ

貴方とってもいい男よ

私が50年若かったら

放っておかないけどね」




俺は唇の端を

引きつらせながら

無理やり笑顔を作って答えた




「あ、ありがとう

気持ちだけ頂いておくよ」




すぐ先の街角を左に

曲がったところで

おばあちゃんは

指差してこう言った




あのビルよ私の会社

取引先の営業の子が

もう来てるはずだし

急いで戻らないとね
 
 
 
 
……俺が見積を出す会社だった












写真提供:GATAG 著作者:mns007
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

PR

2014/02/18 自由詩:短編を様々な作風で Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む