忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/11/18

「サン・ミシェルの少女」四幕あとがき





ジャンヌの物語も、いよいよ次で最終章となります。

ここまで読んで下さってる方々に感謝いたします。

お時間が許すならば、どうか最後までの

お付き合いをよろしくお願いいたします。




今まで私は、自分の物語なのに泣きながら書いている事がある、

と過去記事で申し上げた事があったかと思います。

しかし今回だけは極め付けでした。こんなに先を

書きたくない、と思ったのは初めての経験です。




この小説には真剣に向き合おう、と決めました。

現在既に、過去掲載分の大幅な書き直しをしています。

拙い文章力でも全力で、最後まで書き切ろうと思います。





私は今まで書いた長編作品の中で、何度か

不思議な経験をした事があります。物語の中で

何と、登場人物が勝手に話し、行動を始めるのです。




書いているのは私なのですが、私は想像の世界で

勝手に動く登場人物の言動をただ書くだけ、という

奇妙な感覚に陥った事があったりするのです。




そういう時の方がなぜか、計算して書いた時よりも

納得できるものが書けていたりするから不思議です。

これを書いている時も、そういう事が何度かありました。




そしてこの「サン・ミシェルの少女」は、推敲を何度も重ねて

出来る限りいい作品に仕上げたい、という欲求が生まれました。




この作品は最後までブログに掲載し終えたら

いったん全部消そうと思っています。

そして、書き直した完成作品は別の形で

皆さんにお披露目出来れば、と思っています。








最後に、ジャンヌ・ダルクと呼ばれるようになった

ひとりの少女の安らかな眠りを祈りたいと思います。





その御霊が神とともにあらん事を。






Sayaki









拍手[3回]

PR

2015/01/24 後書き:生まれ出た言葉の為に Comment(0)

「サン・ミシェルの少女」三幕あとがき




非常に難産だった第三章ですが

何とか最後まで漕ぎ着けました

この間に色々あったのでまずは

ご報告から始めたいと思います



①ランキングサイト脱会



順位を維持するには頻繁な更新を必要とします。

それに追われて作品の質を落としてしまっては

本末転倒と考えた為、脱会を決意しました……




アクセスは激減しましたが(泣



どうせ書くならいいものを書きたいと思って

このサイトを開設したにもかかわらずいつの間にか

文を書く事が数字を追う為の作業になってしまってました。




部門別全国一位との過分な評価を頂いた作品の中に、

納得出来ない仕上がりの文も正直あります。




まだ私が「詩小説」なるものを書いていない時期、

がむしゃらに読んでがむしゃらに書いていた

あの頃に戻りたいと考えました。




しかしそれでも「サン・ミシェル」の三章は難産でした。




今はもう覚えてないのですが恐らく

この小説を書く為の参考文献は20冊近いと思います。

ひょっとしたら調べ物してる時間の方が、

書いてる時間より長かったかもしれません。




もちろん史実通り書くと歴史書みたいで面白く

なくなってしまいますから、実際にあった事を

いかに面白く読めるか、を意識して書きました。




結局、面白く書けていないのは

単なる作者の実力不足です(号泣





②小説投稿サイト全掲載作品削除




このサイトの左側に、電子書籍販売のお知らせがありますので

既にご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、投稿サイトに

掲載されていた自分の小説を全て削除いたしました。




電子書籍出版に伴う削除です。




この投稿サイトでの活動は1ヶ月に満たないものでしたが

それでも合計万単位のアクセスを得る事が出来ました。

短い間でしたがお世話になった方々の応援をする為、

削除後も私のアカウントは残してあります。




ただ、ランキングサイト脱会と投稿サイト

掲載作品削除は同じ理由によるものです。

大変残念な事にこの投稿サイトでやる事は、毎日

同じ人相手に「町内で回覧板を回す」のと同じでした。




数字を稼ぐより、良いものを

書き良いものを読む。

その時間確保を優先させる為に、

投稿サイトでの活動も

一ヶ月後に中止し作品を全て

削除する事にしました。




数字を追うために書くのではなく

どうせ書くならいいものを書きたいと思って。




ちなみに良いものは読んでも、良いものが書けて

いないのは単なる作者の実力不足です(超号泣





③電子書籍出版




現在、出版している電子書籍は 

amazon に2冊、楽天に6冊です。




ですが近い将来、これを1冊にまとめたいと思っています。

その近い将来とは、この「サン・ミシェルの少女」の出版時です。

なので実は今、過去に書いた自分の文を大幅に書き直しています。



その過去文のあまりの稚拙さに、涙で

文字が霞んでよく見えません。(超絶号泣




amazon 出版



「想いは流れる」「悠久の中の一瞬」



楽天Books 出版



「天使の両翼」「君の歌が聞こえる」
「冥府に住む聖者」「想いは流れる」
「悠久の中の一瞬」
「オルフェウスの竪琴」






さて、今回の「サン・ミシェルの少女」ですが

オルレアン開放戦終結までを書きました。

ジャンヌ・ダルクの生涯で最も光り輝いていた

時期であると言って良いでしょう。




実際にジャンヌダルクの資料を読んだ事がある

方にはお分かりだと思いますが、盛ってます。(笑

船に草を積んで燃やしてみたりとか、ジャンヌが

軍旗を持って敵に突撃したとか、実際にあった事を

盛り込んではいますが、なぜそうしたかはどの文献

にもほとんど説明されていないと思います。




まぁ、これは資料ではなく小説なので前回同様

「なぜか」の部分に独自の脚色を加えてあります。




戦闘部分も「突撃して陥落させた」では面白くも

何とも無いので仕方なく盛ってます。(笑




ジャンヌが戦術家として秀でていたかどうかには

賛否両論があるようです。

ただ、聖女でありながら好戦的であったのはどうやら

間違いないみたいですが。

私が想像するに、恐らく運もあったと思います。

なので、こういう内容でまとめてみました。




あと小説内でジャンヌはよく泣きますが、実はこちらが

本当の姿のようです。

勇ましいイメージで伝えられる事が多い彼女ですが

まだ十代ですからね。

なので「普通の女の子が頑張っている」というところを

意識して表現するようにしました。




初めてこのサイトでこれを読む方々は、

『ジャネット? ジャンヌじゃないの?』

と思われるかもしれません。

実は彼女が「ジャンヌ」と呼ばれるようになったのは

戦場に出るようになってからなのです。

さらに彼女は、生きている間に「ジャンヌ・ダルク」

と呼ばれた事はありませんでした。




ジル・ド・レのキャラに驚いた方も多かったと思います。

何と言っても後の大虐殺者「青髭」ですからねー。

でも、ジャンヌと一緒にいる時はまだ若く、真面目で

好青年だったようです。救国の英雄とも呼ばれました。

でもジャンヌが亡くなった事に精神的ショックを受け

後の彼の人生は狂っていく事になるのですね。




さてこの後、物語はいよいよ最終章に突入します。

書くのが辛い内容になりそうですが……




読んで下さった方、何卒最後までのお付き合い

よろしくお願いいたします。




Sayaki








拍手[3回]

2014/12/01 後書き:生まれ出た言葉の為に Comment(0)

「想いは流れる」あとがき。



記事の数がなんと二ヶ月で150を超えました。
なんというハイペース。
きっとサヤキはおバカに違いありません。

ですが、サヤキの目指しているものは、数分で忘れ去られる軽い文ではなく、
いつまでも心に残る文です。
長編は全部全力投球です!

ただし、今まで来てくれた方や、これから来てくれる方の為に
急いでコンテンツを増やそう、という思いが優先してしまい
拙い文ばかりになってしまいました……
 
 
 
 
今回は男の子の視点で、最初から最後までお話を進め、
彼が最後に日記を読むことで、女の子の視点でお話を
再度辿っていく、という構成にしてみました。

日記によって、彼女の行動の謎が解けるという仕組みですね。

信じられない事に、サヤキは悲しい話を書く時は、
特に最後なんて泣きながら書いている事があります。

じゃあ書くなよって話なのですが(笑




今回も凄く思い入れのある作品です。全20詩。長いですねえ……
「これもう詩じゃないよ」と思われる方もきっと
いらっしゃるんだろうなぁとは思いますが、それは残念な勘違いです。
でも意外とそう考えてる人が多いですね。

韻文は皆さんご存知の通り、音の反復や一定の繰り返しなどのリズムを持つものです。
古い時代、詩は宗教的なものに使われることが多く、
音調を整えて朗唱し易くしていました。




逆にサヤキが書くものは散文が多いです。
詩的な形式を取ってはいますが、やはり散文です。

散文詩というのは、韻にとらわれない形式の詩を指して言います。
今この後書きで書いているのも散文です。詩的表現のある散文が散文詩と言う事ですね。
散文詩と韻文詩は対義の関係にあります。なのでこの二つを見分けるのは実に簡単です。




ただしここに、現代詩や自由詩などが入ってくるとややこしくなります。
自由詩の対義になるのは定型詩です。この二つを見分けるのも難しくないでしょう。
しかしどれが自由詩で、どれが散文詩で、どれが現代詩かと聞かれると、
少なくともサヤキは困ってしまいます。

なぜなら、サヤキが書いているのは詩であり散文詩であり自由詩であり現代詩だからです。
これを明確に分ける定義は語学者の間でも、今のところ無いようです。




ただし、散文と散文詩は実は全くの別物です。




わかりやすく言うと、今サヤキが書いている文は散文ですが、散文詩ではありません。
散文が散文詩になる為には、詩情(ポエジーと一般に呼ばれるもの)の表現が
必要になってきます。




詩の表現方法として代表的なものは、

「行わけ」行を分けて特定の言葉を強調する、高まり・情景を表現する。
「連」何行かをまとめ、内容をまとめる
「体言止め」文末を名詞で止め強調する
「比喩」直喩・隠喩があり「~みたいな」「のようだ」と表現するのが直喩
    隠喩はみたいな、やようだ、を使わず別の言葉で言い換える表現法
「擬人」物を人間のように例える、感情で表現する
「倒置」言葉の順序を変え強調したい事を先に持ってくる
「反復」繰り返してその言葉や表現を強調する
「省略」言葉をわざと省いて余情を残す

などなどですね。これらが無いと散文は「散文詩」にはなれないのです。
韻文詩と散文詩は対義なので、光と影のようなものなのです。
サヤキの作風は、韻文詩と散文詩両方のいいとこ取りかもですね。




そして、目の前の風景など事柄を切り取った文を「叙事詩」
想像や感情を切り取った文を「叙情詩」と言います。
ギルガメッシュ叙事詩は、第3者が彼の様々な体験や冒険を、自分の感情を入れずに
書き綴ったので「叙事詩」です。




反復のみで言葉を短く並べたものだけがポエムではないのですね。
奥深いです。







 
写真提供:GATAG  著作者:geralt(著作権放棄)

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[4回]

2014/03/08 後書き:生まれ出た言葉の為に Comment(0)

「サン・ミシェルの少女」二幕あとがき



 まず、お礼から。

 日本ブログ村のランキングに、参加させて頂いているのですが、恐ろしい事に先週の日曜日。

 朝から夜まで、詩・ポエム全体の注目記事で「サンミシェル」が1位にずっといました。




 本当に選んで頂いた方に感謝です、何とお礼を言っていいものかわかりません。

 見ていらっしゃるかどうかはわかりませんが、せめてこの場をお借りして感謝の気持ちを

お伝えしたいと思います。




 本当に有難うございました、凄く凄く嬉しかったです。




 あと、こんな拙い文をそれでも読んでくださる方、本当に有難うございます。

 未熟なのを自覚しながらも、がんばって書くぞと勇気がわいています。

 少しでも良いテキストを書き続ける事に専念します。なので見捨てないで下さい




 日曜の詩ブログ全体といえば、5分ごとに新着記事があがってくる激戦区です。

 そんな場所で1位を頂けた事に対して、それに恥じない文を書き続けようと思います。




 さて、今回の内容ですが……意外と日本に、ジャンヌの一生を追った小説が少ないと

いう事に気付きました。凄く楽しいお話だと思うのですが……。

 せっかくなので、ジャンヌの歴史で「奇跡」と言われているものの謎解きもやってみました。




 まず最初は、ジャンヌがなぜ王太子を見分ける事ができたかと、なぜ一瞬で王太子に気に

入られたのか、という点です。ジャンヌが王太子を見つけ、そっと何かを耳打ちしたのは

間違いないそうですが、なぜ見つけたか、その耳打ちの内容は何だったか、は勿論史料に

書かれてはいません。なので「これなら奇跡になる」という謎解きを入れました。




 あと、河を渡るときに突然風向きが変わる、という奇跡も、本当はこうじゃないかなという

謎解きを入れています。大変楽しく書けました。

 この答えが当たっているかどうかはわかりませんが、今回ここに書いたテキストは歴史書

でもなく史料でもないので、面白く読めるよう創作でこういう話も入れてみたのです。




 その他にも、いろいろと考えられる限りの「楽しく読める工夫」を意識して書きました。

 あまりうまくいってないのは、作者の力不足です……すみません。

 それでも「歴史って面白いなぁ」と思って下さる方が一人でもいらっしゃれば、こんなに

幸せなことはありません。




 今はまだ、ブログ始めて二ヶ月未満なので大したものも無いですが、とにかく良いテキストに

こだわる事だけを考えて、様々な作品を揃えたいと思っています。




 言葉が持つ力を信じて。







にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

2014/02/26 後書き:生まれ出た言葉の為に Comment(0)

「冥府に住む聖者」後書き。


最も不幸な事は、愛を失う事ではない 

失う愛すら無い事である 




 こんにちは、サヤキです。

 今回の「冥府に住む聖者」のテーマは上記のものです。

 愛を失う事はとてもつらい事です。失恋でも死別でも、離別でも。




 ただ、愛された記憶がそのまま良き希望になったり、次の恋愛の教訓になったり

様々な形でその人の、現在と未来という泉を潤す可能性があるかもしれません。

 最もつらいのは、その機会すら与えられない事だと思うのです。



 北欧神話、特にロキに注視したのは、彼が「失う愛すらない」存在の象徴になると

思ったからです。実際には、ロキには献身的な妻もいるのですが。

 そして今回のこの作品は「愛を失った人」へのエールでもあるのです。




 北欧神話は数々の文献、資料、物語など数多くありますが、その中で恐らく

「ロキは愛されなくなり、神々の気を引く為に私を見ろと足掻いていた」という

解釈をした人間はサヤキが初めてだと思います。いたらすみません(汗




 私はロキが、愛されていた過去の呪縛から逃れられず、それゆえに破滅へと走って

しまった……というように感じました。

 気まぐれなトリックスターという言葉では、この神を説明できないと思います。




 失う愛すら無くしてしまったロキはきっと、乾いた涙しか流せなかったのでしょう。

 彼は泣かないと言ったのではなく、涙が乾いたと言ったのです。

 そうです、ずっと彼は泣いていたのです。



 ちなみに作中にも書いていますが、北欧神話とは元は口承で伝えられる神話でした。

 今回のエピソードは「スノッリのエッダ」によるものですが、実はこのお話が編纂

されたのは13世紀とかなり最近のことなのです。




 13世紀といえば、アイスランドがキリスト教化されてもう200年も経っています。

 つまり、現在伝わるこのお話は、キリスト教の観点から書かれたものなのです。

 多くの文献で元々火の神であったロキが、サタン化されて描かれる理由のひとつです。




 なので私は違う解釈で、傷付く人間が自分を取り戻す話にこの神話をちりばめました。

こういう解釈の話が、一つくらいあってもいいと思って。




 愛を失う事は悲しい事です。しかし将来、偶然このテキストを読んでくれた方が

このお話を再び歩き始める為の、ささやかなきっかけにして頂けるなら、たとえ

それが微力であっても、書いた人間にとってはこれに勝る喜びはありません。



このテキストは、傷付く全ての人へのエールなのですから……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

写真提供:GATAG 著作者:ai3310X
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

拍手[6回]

2014/02/08 後書き:生まれ出た言葉の為に Comment(0)

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む