忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18

「天使の両翼」第五詩:まどろみの中に咲く花





あの時はもう 

恋なんてしないと思ってた 

だけどまたあなたに 

恋をしています 




天国にも雪が降る 

その白き嘘はゆっくりと 

偽りや疑いをも覆い隠し 

優しく降り積もっていく 




あなたはまるで 

雪割りの花のようだった 




天国にも雪が降る 

頬を叩いていた冷たい風は 

やがて背中を押す勇気に変わる 

泣き続け立ちすくむ臆病な私の 




奪われた未来も 

叶うことの無い希望も 

弱さも醜さも愛しさも 

全てを真っ白に染め上げて 




天国にも雪が降る 




雪割り草に花が咲く頃 

短かく儚き夢は去っていく 

無邪気に笑っていた私達に 

別れを告げて 




あの時はもう 

恋なんてしないと思ってた 

だけどまたあなたに 

恋をしています 




恋をしています…… 














彼が愛する妻を追い出し

自らも家を飛び出してから

いったいどれだけの時間が

過ぎ去った事だろうか




既に彼には夜も昼も無く

眠い時に眠り

起きている時には

寂れた町角に座り込み




気が済むまで酒を飲み

苦しい時は麻薬を打つ




そんな荒み切った毎日を

彼はあの時から

ずっと続けていた




そして彼は夢を見る




自分と美しい妻と

そして産まれるはずだった

子供の三人で毎日を暮らす




彼が望んでもなお

手に入れる事も

叶わなかった

ささやかな未来の夢




今日も彼はまどろみの中で見続ける




やがて彼は目覚める

突然冷たい現実が

いつもの様に彼を迎える




無表情な町並み

突き刺すように痛む身体




そして彼は再び

酒ビンを手に取った

いつも彼はそんな現実から

目を背ける為に酒を飲む




彼は低くうめいた

最後のささやかな望み

その酒ビンまでもが

彼の期待を裏切った




彼が持ち合わせていた

わずかな金も既に

底をついてしまっていた




彼はよろよろと立ち上がった

そのみすぼらしい身なりは

まさに浮浪者そのものだった




ボロボロになった身体を

引きずるようにして

自宅へと向かった




再び彼は低くうめいて

その場に座り込んでしまった




自宅には

彼にとってあまりにも

美しすぎる思い出が

たくさん詰まりすぎていた




美しい花のような

妻との思い出が




彼は自嘲の笑みを浮かべ

再び立ち上がって

自宅へと向かった




全てを捨ててきた彼にとって

妻との思い出そのものである

自宅に戻る事はあまりにも

辛い行為であるはずだった




だがそんな理性や自尊心など

今の彼には既に

もうどうでもいい事だった




彼に今一番必要なのは

辛い現実から

目を背ける為の酒代だった




彼は帰宅の途中

ずっと自嘲の笑みを

浮かべ続けていたが

家に着いた時




彼は泣いていた

失ったものの

あまりの大きさに

そして愛する妻の為に












これで良かったんだ

他に方法はなかった

僕は

僕は間違っていない












彼は自宅の前で

糸の切れた

操り人形のように崩れ落ち




それでもなお

必死になって

そう自分に

言い聞かせてはいたが




止めども無く流れ落ちる涙は

もはや隠しようもなかった












なぜ僕はここに

戻ってきてしまったんだ

こんな気持ちになるのは

わかっていたはずなのに




戻ってくるべきではなかった

あのまま僕はあそこで

死んでいれば良かったんだ

もう二度とここには戻るまい












そう彼が決心して

立ち上がったその時だった




彼の視野の片すみに

信じ難いものが入っていた

庭先に植えていた花

小さな赤いつぼみをつけている












枯れていない

まさか……
 








 
 
 
彼は震える手で

自宅のドアに手をかけた














拍手[0回]

PR

2014/01/18 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む