忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/11/18

「想いは流れる」第四詩:失った翼





僕は流れのその先に 

向かってたった一人 

目を閉じて語りかける 




天国に行った君の中では 

僕はずっといつまでも 

少年のままなんだろうね 




幸せな夢を見ながら 

眠りについたのだと 

せめて僕は信じたい 




生きている僕は 

一体どうすれば 

いいのだろうか 




この記憶と一緒に 

生きていく覚悟は 

出来てるつもりだ 




僕が犯した罪 




そしてこれからも僕が 

ずっと受け続けていく 




僕への罰 




記憶がゆっくりと 

意識の湖底に沈む 

君のいない世界で 

幸せな夢を見ながら 




そう、君のいない世界で 















昨日の彼女は少し

様子が変な気がした

具体的に何がと言われると

僕にもよくわからないけど




あの娘は笑っていても

心の底から笑ってない

それにはもう気付いてた




それは仕方がないと

僕はそう思っている

軽々しく僕もわかる

なんて言えなかった




小さい頃から彼女は

ほとんど自宅から

出た事がなかった




一度どうしても

海が見たいと

わがままを言って

親を困らせたそうだ




根負けした父親の

車の中であの娘は

激しい発作を起こした




命を取り留めた代わりに

彼女は翼を失った




「二度と部屋から出るなんて

自分から言えなくなったよ」

そう言って彼女は

力無く微笑んで見せた




彼女は再び目を覚ました時

海が見れなかった失望で

最初にこう思ったそうだ




私は何の為に生きてるのだろう




ただ親が泣く顔はもう

見たくないと彼女は言う

その為にこの娘は自らの

翼を自分でもぎ取った




この狭い部屋と

窓から見える風景

それだけが彼女の

世界の全てだった




僕はただ黙って

でも真剣に

彼女の話を

聞き続けていた




それしか出来ない

自分の無力さに

打ちのめされながら




だが昨日の彼女は

いつもと違った




明日何時くらいに来るのとか

当番なんてさぼって早く来い

なんて事は何度も言ってたが




もう来るなと言ったのは初めてだった




僕が彼女の家に

行くようになって

一ヶ月が過ぎていた




もちろんこのままで

良いとはとても思えず

今日も僕は彼女の家に

来てしまっているのだ




なぜ昨日の彼女は

あんな事を言ったのか

それを僕は彼女の

母親の言葉で理解した




今朝彼女は入院したらしい




僕を心配させない為に

あんな事を言った……

なんて自惚れだろうか




そんな事を

考えるよりも早く

僕の足は無意識に




その病院へ向かっていた














写真提供:写真素材「足成」様
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

PR

2014/03/01 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(4)

COMMENT

いよいよ

決勝で対決になってしまいましたね。
理想的な展開w

失った翼…感動的なストーリーですね。
私の作品より、こちらのほうが良いと思います。

秋 浩輝 2014/03/14  09:21 URL EDIT RES

あうあう。

大丈夫ですよーサヤキの駄文なんて、遠慮なく吹き飛ばしてやって下さい!
私はまだまだなのを自覚しています。でも、だからこそこれからもっとうまく
なれる余地があるといいなーと思ってます^^

でもやっぱり、全国トーナメントを私達2人が独占、は気分がいいですねー^^

サヤキ 2014/03/14  20:02 URL EDIT RES

おめでとうございます!

この対決は、サヤキさんが勝つだろうと思ってました。
解る人には解ります。
ちゃんと伝わっているものですよ。(^^)/

秋 浩輝 2014/03/15  00:51 EDIT RES

はうー

すみません、秋さんもあんなに素晴らしい文を書かれてらっしゃったのに><
今回の優勝はたまたまです、そう自分に言い聞かせて精進しますっ^^;

サヤキ 2014/03/15  01:09 URL EDIT RES

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む