忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/11/25

「想いは流れる」第九詩:君が選んだ幸せ





本当に僕が馬鹿だった

そうとしか思えなかった




確かに、駅のホームから

見えた海は近くに感じた

恐らく20分も歩けば

たどり着ける距離だなと




10分歩いてなぜ

終点の駅が海まで

届いていないのか

すぐに思い知った




目の前は崖だった




森に隠れて見えなかった

どうやら海まで行くには

ずっと西まで森を抜けて

遠回りしなければ駄目だ




引き返そうか、と

僕が言うと彼女は

泣きそうな視線で

僕を見つめ返した




でもそれは彼女が

わがままを通す為に

演技をしているわけでは

無いと僕もわかっていた




今まで何度も引き返そうと

言い続けているうちに

気が付いてしまった




「戻ろうか」




この言葉は彼女にとって

人生で初めて見る夢の

終わりを意味してたのだ




本当に甘いな僕は

そう思ったけれど




「……もう少しだけなら

先に進んでみてもいいよ

あの海の方面に降りられる

場所があるかもしれないし」




その言葉に彼女は

本当に嬉しそうに笑う

だが僕が馬鹿だった

そうとしか思えなかった




30分後にはどっちが海か

どっちが駅かもわからなく

なってしまっていたのだ




これはまずいと彼女に

借りた携帯の画面には

「圏外」の文字が浮かぶ




僕は取り返しの

つかないことを

してしまったかも

しれないと思った




3月になったとはいえ

夜や明け方の冷え込みは

まだかなり厳しいはずだ




僕には問題が無くても

彼女はそうはいかない

最悪の予感が頭をよぎる




考えたくも無い最悪の予感が




だが当の本人は

全く落ち込んだ

様子が無かった




たくさん話しながら

楽しそうに森の中を

軽やかに歩いていく

病気だなんて嘘みたいに




世界って眩しいね

風がくすぐったい




そう言いながら

僕の方へ振り向いて

幸せそうに笑っていた




風がくすぐったいなんて 

思ったこともなかった 

世界が輝いているなんて 

思ったこともなかった 




草原で転んで 

痛くないと 

笑っていた 




川の水が 

冷たいと 

驚いていた 




誰もいないところで 

悩んでいるくせに 

誰もいないところで 

泣いているくせに 




それでもあの娘は 

幸せだと笑った 




僕に出来る事なんて 

もう何もなかった 




風がくすぐったいなんて 

思ったこともなかった 

世界が輝いているなんて 

思ったこともなかった 




出逢ってしまったことに 

僕は激しく後悔していた 

出逢わなければきっと 

あの娘は幸せだった 




少なくともこんな

酷く寂しい場所で

死に怯えなくても

済んだはずだった




悩んでいたくせに 

泣いていたくせに 

それでもあの娘は 




幸せだと笑った




陽は西へ大きく傾き

無慈悲な夜の到来を




僕たちに告げていた……
 





 
 
 
 
 
 
 

写真撮影者:サヤキ

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

PR

2014/03/03 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む