忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/09/26

「想いは流れる」第七詩:脱走





あの時と同じ 

空気のにおいがした 

あの時と同じ 

水のせせらぎが聞こえた 




まるであの頃の僕を 

切り取ってこの場所へ 

置き去りにしたかの様に 




雨が降る中 

僕は歩き始める 




あの時と 

同じ空気の 

この場所から 




あの時と同じ 

水のせせらぎの 

この場所から 




切り取られ 

時を止めた 

この場所から 




置き去りにされた 

この場所から 

再び雨の降る中 




僕は歩き始める 















「裏庭の奥に扉があるの」 

そんな事を彼女は 

声をひそめて僕に言う 




今日の彼女は私服姿だ 

不覚にもかわいいな 

などと思ってしまったが 




その次の言葉を聞いて 

そんな感想はどこかへ 

木っ端微塵に吹き飛んだ 




「脱走するのよ私達」 




僕は一瞬彼女が

何を言っているのか 

全くわからなかった 




脱走……私「達」

って、僕もなのか 

脱走っていったい何 

病院からって事なの? 




そんな僕の質問に

失望の表情で肩を

すくめて見せる彼女




「病院からの脱走に

決まってるでしょ




人生にはたった

2つのモノしか

存在しないのよ




やるか、やらないか」




得意げに笑いながら

そう断言する彼女に

僕は断固として抗議

しなければならない




「何無茶苦茶な事

言ってるんだよ

そんなの駄目に

決まってるって」




僕のその言葉に

彼女は怒ると思った

なのに彼女は

寂しそうにこう言った




「最近調子が

少し良くて

お医者様から

外出許可が出たの




だけど外出と言っても

親の監視付きなのは

間違いないと思うの

せっかくの自由なのに




だから少しの間だけでも

親が迎えに来る前に

ここから抜け出して




その自由ってものを

味わってみたいだけ

本当にそれだけなの




協力、してくれるよね」




本当にずるいなぁと思った

そんな顔でお願いされたら

嫌だなんてとても言えない




僕はそんな事を

考えながらも

最後の抵抗を

試みたのだった




「でも、何かあったら

いったいどうするの

また発作でも起きて

大変な事になったら」




彼女は不敵に笑って

ポケットから携帯を出し

僕の目の前に突き出した




「大丈夫よ、ほらこれ

父親って仕事で3つ

携帯持ってるんだけど




そのうち1つはほとんど

使わなくなったらしいから

ちょっと借りてきちゃった

中庭や裏庭に出たら使えるし」




借りてきたなんて

本当なんだろうか

黙って持ち出した

そんな気がするが




言わないのが賢明だきっと




彼女は何も言えない僕に

さらに言葉を続けた




「だからお願い

何かあったら

すぐ携帯使うから

少しだけ出ようよ」




僕はどうするか迷った




でも、確かに彼女の言う通り

再び僕たちが話すようになった

ここ3日くらいは彼女の様子も

決して悪い様には見えなかった




ほんの少しの時間なら

ここで僕と話してるのと

彼女の負担はたいして

変わらないだろうと思う




彼女は真剣な眼差しで

僕の返答を待っていた

僕は大きくため息を

つきながらそれに答えた
 
 
 
 
「……わかった、つきあうよ」










写真撮影者:サヤキ

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

PR

2014/03/02 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む