忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/09/26

「想いは流れる」第十詩:罪と罰





どうやらここは

自然公園らしい




舗装されていない

駐車場の奥に何か

小さな建物が並ぶ




最初はトイレで夜を

明かす事になるかと

思ったのだが幸いにも

休憩施設が備わってた




トイレは窓もドアも無く

吹きさらしの建物だった

だけどその休憩施設には

外気を遮断する窓もある




入り口の床が地面だった

拾ってきた木や草もある




そこで僕は木と草を積み

奥の喫煙室から拝借した

ライターで着火し暖を取る




何とか僕たちは助かった様だ




僕がそうしている間

あの娘はずっと椅子に

座って何かを書いていた




日記だと言って彼女は

照れくさそうに笑った




彼女が持っていた

肩掛けのバックには

日記が入っていたのだ




眠る前に彼女は

その日記を絶対に

見ないでねと僕に

何度も念を押した




信用が無いんだなあと

僕が言ったら彼女は

笑いながらこう言った 




「信用してるよ」




僕はその夜眠らなかった

火を絶やさないように

たくさん出る白い煙が

部屋にこもらないように




翌日の朝早くに

彼女は目を覚ました

そして僕を見て

柔らかく微笑んだ 




「何とか夜を越せたね

君が厚着だったのも

良かったんだと思う」




僕がそう言うと

悪戯っ子の様な

表情で白状した




「当然だよ

だって計画的

犯行だったからね」




僕は呆気に取られて

何も言えなかった




最初からこの娘は

すぐ帰るつもりなど

全く無かったのだ




「ごめんね

でも本当にありがとう」




彼女はそう言いながら

僕の文句から逃げる様に

ドアを開けて外に出て





そこで突然倒れた





悪い冗談かと思って

僕は彼女に呼びかけた

だが彼女は動かなかった




慌てて彼女を

抱きかかえたが

息をしていなかった

脈らしきものも感じない




世界が暗転した




僕は悪い夢を見ていた 

僕の声は届かなかった 

彼女の命を奪ったのは 




僕だと気付いてしまった 




風のざわめきの中で 

小鳥達のさえずりの中で 

木漏れ日の煌めきの中で 




微笑みながら君は 

眠り続けていた 




僕の声は届かなかった 

僕は悪い夢を見ていた 

小鳥達のさえずりの中で 

木漏れ日の煌めきの中で 




風のざわめきの中で 




「ごめんね

でも本当にありがとう」




君の最後の言葉が

僕の胸を深く抉った

無理にでも彼女を

止めるべきだった




世界が急速に色褪せてゆく




僕は取り返しの 

付かない事を 

してしまった 




君の笑顔の代償は 

余りにも大きかった 

僕は罰を受けなければ 




目の前の事実が 

氷の冷たさで 

刃となって 

鈍く光る 




その向けられた 

絶望の刃を僕に 

突き刺してくれ 




僕の胸の 

奥底に渦巻く 

罪に届くように 




君の笑顔の代償 

冷たい絶望の刃 

背負った罪と罰 




その痛みに 

耐えられなければ 




そこで全ては終わる……
 
 
 
 
 
 





 
 
 

写真提供:GATAG PublicDomainPictures(著作権放棄)

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

PR

2014/03/03 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む