忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/09/26

「想いは流れる」第十四詩:2月9日、雨





2月9日、雨




昨日の夜から何回か 

軽い発作が続いた 




ついに私は最後の発作で 

病院に運ばれてしまった 

両親がそのまま入院の 

手続きをしようとした 




私は泣いてそれだけは嫌だと言った 




お父さんは納得せず 

私の主治医の先生に 

相談をすると言った 




主治医の先生は両親に 

彼女の望むようにして 

あげて下さいと言った 




もう病院で出来る事は 

何も無いのだと悟った 










2月11日、くもり時々晴れ 




彼は毎日来てくれる 

物好きねって言ったら 

どうもそうみたいだ 

と言って笑っていた 




かわいくない私 




恥ずかしくて自分の 

気持ちを知られたく 

ないという本音も 

正直あったのだけど 




これ以上彼に対して好意を 

持ってしまうのが怖かった 




もちろん私には 

友達がいなかった 

彼が唯一の友達だ 




だから私はついつい 

明日は何時に来るのとか 

当番なんかさぼって早く 

来いなんて言ってしまう 




約束がないと私は 

不安で仕方が無かった 

そんな私にいつだって 

彼は微笑んで頷いてた 




底抜けにお人好しで

驚くほど優しい彼




だからこそ私は

この膨らむ気持ちを

認めるわけにはいかない




生きたいと望んでしまうから










2月15日、晴れ




今私は凄く後悔している

本当につまらない事を

彼に言ってしまった




実は私は知っている

彼に友人はたくさん

いるということを




毎日この窓から

友人達に囲まれて

通学しているところを

私は見ていたのだから




なのに彼は毎日

友人達より私を

優先してここに

来てくれるのだ




嬉しくてあの時の私は

どうかしていたんだ

そうとしか思えない




私がずっと昔親に

わがままを言って

海に連れて行って

もらおうとしたら




車の中で発作を起こして

命を落としそうになった




その話を彼に

してしまったのだ

しなければ良かったのに




彼は泣いていた




私の話を聞いた直後

彼は泣いていたのだ

私はそれを見てもう

全部認めてしまった




彼を失いたくないこの気持ちを




そしてもうひとつ

気付いてしまった

きっと私が死んだら彼に

取り返しのつかない程の




大きな心の傷を残してしまうと




神様は優しくて残酷だ

人生の最後で私に幸せと

苦痛を与えてくれたのだ




彼の泣いてる姿なんて

もう二度と見たくなかった

でもいったいどうすればいいのか




私にはわからなかった










2月18日、晴れ




また発作が私を襲った

苦しい間ずっと




彼のことを思っていた

また会いたいと願った

それだけが全てだった




今はもう平気

また明日私は

彼に会えるんだ




だけど発作がおさまって

冷静になって考えた

彼の泣いてる姿なんて

もう二度と見たくなかった




この気持ちが今より

もっと強くなれば

彼も私もさらにこの先

つらくなるに違いない




本当は私は

もう彼には




会わない方がいいかもしれない











写真提供:GATAG 著作者:Bergadder(著作権放棄)

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

PR

2014/03/05 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む