忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/06/20

「アルテミスの弓」第一詩:嘆きの女神





 月の女神アルテミスの双子の

 兄弟である太陽神アポロンは

 女性に対しふしだらであった

 オリオンを決して認めなかった




 そして純潔を司る

 処女神である彼女に

 恋愛は許されなかった












 失って初めて

 私は知った




 この疼きは消えず

 心に浸み込んでゆく

 儚く散ったものが

 やがて土に還るように




 虚ろな静寂が痛い

 耳に届くものは

 全て空白の中に

 溶けていくのに




 思い出せた事を

 伝えることも出来ず




 全ては土に

 空白の中に

 消えてしまった




 私は孤独だった




 手に入れたものは

 望んでいたものとは

 違っていたという事に




 この手が血で汚れる前に

 あなたが消える前に

 気付くべきだった




 この疼きは消えない

 虚ろな静寂が痛い

 失って初めて

 私は知った




 愛さなければ良かったと……
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 私の憤懣はもはや

 隠し様も無かった

 私は我が家に戻り

 そして妻に愚痴た




 テミスティオスは

「人間愛の哲学に

 よって成る支配者は




 当時のペルシア

 専制君主とは

 全く異なり




 専制君主は

 正義を持たず




 そしてその臣下は

 いずれも野蛮である」

 そう語ったのだ




 そして「スキュタイ人も

 ペルシア人と同様に野蛮

 狂暴、非理性的であり

 彼等は平和に値しない」




 とまで言ったのだ

 議論の余地など

 無く全く同感だと

 言わざるを得ない




 そう言って憤る私を

 妻が不安そうな顔で

 見つめているのには

 既に気付いていた




 だがその時の私は

 それに配慮する

 余裕も無かった  




 きっと鋭敏な妻も

 気付いているのだろう

 この私がこれから

 やろうとしている事を





 暗殺しかなかった





 この国は疲弊していた

 かつての栄光のローマは

 老いて朽ちてゆくのみだ

 このままではいられない




 病的な疲弊の理由は

 蛮人だと確信していた

 かつてローマの奴隷で

 今や軍を率いる蛮人の





 あの男を殺すのだ





 他に知られてはならぬ

 この事は腹心の部下と

 信頼できる協力者のみ

 その意思を伝えてある




 妻は私に抗弁した

 理想と狂信を

 取り違えては

 ならないと




 その声は朝もやの

 淡い光のように

 柔らかいが




 私を止めたいという

 強靭な意志をその

 言葉の内に感じた

 そしてさらに私に





 彼女は静かに語り始めた……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

素材提供:GATAG 画家:クロード・ロラン(パブリックドメイン)

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[2回]

PR

2014/03/16 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む