忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18

「アルテミスの弓」第三詩:永遠のローマ





それを見たアポロンは

アルテミスに言った 




狩りの女神とはいえ 

あれほど遠くにある 

的を射る事は出来まい 




アポロンが指差す先は 

海に入って頭部だけ 

水面から出していた 

狩人オリオンであった 













蛮人はありとあらゆる 

絶対悪を詰め込んだ 

パンドラの箱なのだと 




我は快感をもって 

穢れた蛮人の破壊を 

放火を殺人を描こう 




永遠のローマの理念 

ローマに与えられた 

宗教的啓示への信仰 




我々はそのローマ理念を 

キリスト教歴史哲学により 

武装し直す事によって 

信仰をさらに強化したのだ 




ローマの永遠性ゆえに 

与えられる安定した秩序 

追随する伝統的な蛮人蔑視観 




我々の意識にそれは 

深くそして甘く浸透する 

自覚していても抗えない




奴等を認めてはならぬ 

昔からローマ人の 

奴隷だった奴等を 





永遠のローマへの信仰の為に 





穢れた蛮人の破壊を 

放火を殺人を描こう 

蛮人はありとあらゆる 

絶対悪を詰め込んだ 




パンドラの箱なのだと……
 
 
 
 
 
 
 
 
 



「あなたの妻は


驚くほど聡明だ

元は良家の生まれで

確かな教育を受けた




そう聞いた記憶がある」




そう言って頷く

目の前の男は

私の無二の片腕とも

言うべき協力者だ




宮廷に仕えている彼が

私を暗殺の場所にまで

招き入れてくれるのだ




現在私は暗殺計画の

最終の打ち合わせを

この男と行っている




私の妻は最後まで

これからする事に

反対をしていた




無理からぬ事だ

失敗すれば私に

どのような運命が

待ち受けているか




想像するまでも無い




思えば私が妻の

あれほどまでに

頑なな姿を見たのは

恐らく今回が初めてだ




彼女なりにきっと

思うところが

あったのだろう




だがそんな迷いには

散々時間を費やした

この最後の計画の日を

私が迎えるまでに……




誰かがやらねばならないのだ




目の前の男は

そんな私に念を

押すかのように

用心深く語った




「あなたの妻が今回の

この計画に反対だと

既に私も知っているが

だからこそ聞いて欲しい




キュレネのシュネシオスを

あなたも知っているだろう

リビアのプトレマイス司教だ

君主制論の中で彼はこう言った




『かつてのスパルタクスの

 叛乱の様にローマの蛮人

 司令官が同種族奴隷の

 解放戦を行う事も可能だ




 そうならぬ内に

 腐り果てた芽を

 刈り取るべきである




 犬は追い払うべし』




アルカディウス宮殿での

彼の演説、蛮人排撃論だ




この内容を数百年前の

ポリス的な時代錯誤で

かつ非現実だと嘲笑う

事など私には出来ない




現状を冷静に見て欲しい

蛮人に地位を脅かされ

そして奪われながら

生きていくローマ人を




今こそ我々は

ローマ的精神を

再獲得し蛮人との

共同などすべきではない




ローマ人はアジア

ヨーロッパにおいて

我が帝国国境を越え

蛮人を撃つは自明である




その為には強力なローマ

国民軍を創造せねばならぬ

神が選ばれた民に与えたもうた




永遠のローマの為に」




その男の言葉に

反論の余地は無かった

少なくとも私は

そう確信していたのだ




だが私の脳裏に

妻の姿が浮かんだ




美しく聡明な妻の姿が




私は軽く頭を振って

雑念を追い払った

そして再び自分に

強く言い聞かせた




誰かがやらねばならないのだ




私はあの蛮人の男を

今や司令官となって

私腹を肥やすあの男を

射抜くであろう弓矢




それを握る手に力を込めた……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

素材提供:GATAG 画家:ウィリアム・アドルフ・ブグロー(パブリックドメイン)
 
詩・ポエム ブログランキングへ ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

PR

2014/03/18 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む