忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/12

20ドルの微笑み(後編)





1970~1980年代にかけて 

パブロ・エスコバル率いる 

コロンビアの複合犯罪組織 

メデジン・カルテルが台頭し 




全世界のコカイン市場を 

この複合犯罪組織が席巻した 




アメリカはこれを壊滅させる為 

国家安全保障局や 

中央情報局を使い 

アメリカ軍を派兵した 




拠点の空爆やミサイル攻撃 

そして各地での 

激しい銃撃戦が繰り広げられた 









彼女はきょとんとした後 

口を片手でふさぎながら 

再び笑い始めてしまった 




「じゃあ私なんかじゃ 

勝てないわね 

奥様だと言うと思ったわ」 




少し寂しげな 

表情を見せながら 

彼は彼女に言った 




「妻も死んだよ 

子供の死に絶望して 

麻薬に逃げちまった」 




その言葉に 

彼女の笑顔も固まった 




「そうだったのですね 

だからあなたは 

たった一人で 

あんなところに 




お金が目的ではなく 

麻薬を憎んでらっしゃるのですね」




彼は無理に

笑顔を作りながら

突然彼女に振り向いて

こう言った




「20ドルだ

こんな危険な事に

巻き込んでるんだ

報酬くらいは頂かないとな」




彼女は呆然として

彼に聞き返した




「20ドルって

たったそれだけで

いいのですか?」




男はニヤリと笑ったが

不思議と憎めない

愛嬌のある表情だった




「ああいいぜ

一杯おごってくれ

20ドルで俺とあんた

二杯分だな」




彼女は再び

吹き出してしまった




「一緒に飲もうって事ね

不思議だわ

私こういう状況なのに

なぜか少しも怖くない」




男はすねたような声で

彼女の言葉に応じる




「勘違いするなよ

無料奉仕ってのは

俺が二番目に嫌いな

言葉だからなのさ」




彼女は笑顔で聞いた




「二番目って

じゃあ一番は何なんですか?」




彼は泣きそうな

表情を作って

彼女に見せながら

こう答えた




「ほうれんそう、さ

よく残して娘に叱られた」




しかし




再び銃声が

彼ら二人の会話を

強制的に中断させた




だが今回の銃弾は

少し先の石ではなく

正確に彼女の胸を貫いていた









クラック・コカインは

量のかさ増し目的や

らしく見せかける目的で




有毒な不純物が

混ぜられる事がある

マカダミアナッツや

ろうそくの蝋などである




アメリカ司法当局は

おとり捜査に偽物として

マカダミアナッツを

粉末にしたものを使っていた




これらが発する有毒ガスも

麻薬本来の体調異変、禁断症状

心神喪失や幻覚などに加え

様々な原因で体と精神を蝕んでいく









男は自分の

判断力の無さを呪った

金を取り戻す人間が

雇ったのはチンピラではなく




プロだったのだ




彼は追手に向かって

二度引き金を引いた

そして間髪入れず

追手の懐に飛び込んだ




一動作で懐から

抜かれたナイフは

追手のわき腹へ吸い込まれ

あばらに邪魔されず心臓に達した




追手は驚愕に

顔面を引きつらせながら

彼に言った




「その軍隊の身のこなし

お前も

プロだったのか……」




そんな追手の呪詛の声に

耳も貸さず彼は

急いで倒れている

彼女のそばに駆け寄った




「おいしっかりしろ

大丈夫か?」




彼女は

弱々しく微笑んだ




「お願いがあるの

あなたならきっと

叶えてくれる……」




彼は慌てて叫んだ




「わかってる

こいつであんたの子供の

薬を買えばいいんだな

わかったからもうしゃべるな」




自分の服を破って

止血を試みる彼を

笑顔のまま眺めながら

彼女は言葉を続ける




「確信してるわ私

子供は間違いなく助かる

あなたに会えて良かった




ありがとう

あなた私が会った中で

二番目にいい男よ」




止血は無駄だと

悟ってしまった彼は

それでも無理に笑顔を作り

彼女に聞いた




「ほう

俺よりいい男か

じゃあ一番は

誰だったんだい?」




彼女は無邪気に微笑んだ

その姿が最後だった




「決まってるわ

私の息子よ」









1980年代には

コカインの供給量が増大




その路上価格が下がると

貧困層や若者にも広がり

深刻な社会問題となった









彼は死なせてしまった彼女の

墓標の前に立っていた




「あんたが持って逃げた金は

メデジン・カルテルがらみの

金だったみたいだぜ




女は疑われにくいから

本人に何も知らされず

良く運び屋に利用される

どうりで凄い額だと思った




ほらよ

あんたの子供の医療費と

薬代を差っ引いた残金の

20ドルで買ったウィスキーだ」




彼は封をあけ

ウィスキーを彼女の

墓標へと注いだ




そして男は最後に

彼女の墓標に

こんな言葉を残して

去っていった




「あんたの持ってた金

ちゃんと約束は守ったが……




勘違いするなよ

そんな辛気臭え金で

飯なんぞ食っちまったら

寝覚めが悪いからな




それだけだ」












写真提供:写真素材「足成」様
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[1回]

PR

2014/01/24 自由詩:短編を様々な作風で Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む