忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/05/21

「想いは流れる」第十二詩:1月15日、晴れ





一人の少年が 

誰もいなくなった世界で 

今もずっと立ち続けています 




でも男の子はついに 

教えてもらえませんでした 

やがて彼女は亡くなって 

もう家には誰もいません 




彼女は自分の 

悲しい気持ちを 

男の子に感じて 

もらいたくなくて 




死について教えなかったのです 




一人の少年が 

誰もいなくなった世界で 

今もずっと立ち続けています 




今もずっと 















1月15日、晴れ 




今日はちょっとだけ 

いい事があった 




まだ寝てるのに 

お父さんがまた勝手に 

私の部屋に入ってきた 




文句を言う私を無視して 

お父さんは窓のカーテンを 

開けながらこんな事を言う 




「あれ、あそこにいるのは

私の仕事の知り合いの

息子さんじゃないか……」 




通学の途中みたいだ 

決してかっこいい 

わけじゃなかったけど 




目のキレイな男の子だった 








1月18日、雨 




今日は傘のせいで 

あの男の子の顔が 

見れなかった 




ちょっと残念 




些細な事だけど 

窓の外に少しだけ 

楽しみを見つけたのに 









1月21日、くもり 




窓の外にはいつもの時間に 

あの男の子がこの道を通る 




学校の通学路なのだろう 

友達とはしゃぎながら 

やがてその先の交差点を 

左に曲がって行ってしまう 




雨が降らなくて 

本当に良かった 

傘であの子の顔が 

見えなくなるから 
 
 
 
 
 
 
 


1月24日、くもり 




今日はあまり 

体調が良くない 




椅子に座るだけで 

けっこう辛いので 

明日じっくり書こう 




いい事がたくさんあったのだ 
 
 
 
 
 
 
 
 
1月27日、晴れ時々くもり




やっと体調が復活

実は日記に書かなきゃ

いけないことがたくさん




その中でも特に凄いのが

私の誕生日パーティだ




そしてなんと

あの男の子も

来るらしいのだ




仕事の友人とその息子も

呼んであるとお父さんは

確かにそう言っていた




これはちょっと大事件だ

当日の服をどれにするか

気合を入れて選ばないと




あまり過剰な期待は

出来ないってちゃんと

わかってるつもりだけど




友達になってもらえるかな











写真素材♪ラブフリーフォト 撮影者:べりぃ 様

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

PR

2014/03/04 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

「想いは流れる」第十一詩:日記の中の遺言





警察での事情聴取は 

驚く程簡単に終わった 

そして警察の人は 

最後に僕にこう言った 




「彼女が持っていた 

日記は間違いなく 

本人の筆跡だったよ」 




亡くなった彼女に 

僕は守られていた 

僕に非は無いという 

内容だったのだろう 




僕は彼女の葬儀に出た 

逃げる事は絶対に 

許されなかった 




もし誰かが許しても 

僕自身が許せなかった 




親族の人や関係者が 

たくさん訪れていた 

もちろん全員僕の事を 

知っているはずだった 




その場の誰も僕に 

何も言わなかった 

ただ泣きながら 

静かに微笑んでいた 




それが僕を 

いっそう苦しめた 




ありがとうと言われた 

何を言ってるんだろうと 

はっきりしない頭の中で 

そんな事を考えていた 




誰も何も言わない 

泣いているのに 

それでも微笑んで 

ありがとうと言った 




それが僕を 

いっそう苦しめた 




そのお礼を言っている人が 

彼女の母親だと気付いた時 

隣に立っていた父親が 

僕に話しかけてきた 
 
 
 
 
「……君を殴って

やろうと思っていた 




だが子供が

持っていた

日記を読んで 




私の考えは全く逆に 

変わってしまったよ 

本当にすまなかった 

つらい思いをさせた 




日記にも書いてあるが 

君が気に病む必要は無い 

残念だが私の子供はもう 

長くは無かったのだから 




子供の遺言が日記の

最後に書かれていた

君にこの日記を




渡して欲しい、と……」
 
 
 
 
僕は受け取った彼女の

日記を呆然と眺めていた

彼女との最後の夜に見た




あの日記帳だった




僕は彼女の気持ちを

知るのが怖かった




答えは目の前にあった

だがそれを見るのに

少なくない勇気が

必要だったのだ




恨んでいただろうか

不自由の無い体の僕を

妬んでいただろうか




結果として僕は

彼女に何もして

あげられなかった




苦しかったはずだ

悲しかったはずだ

その先に希望など

無いと知っていた




それでも僕はあの笑顔を

嘘だと思いたくなかった

どうしても信じたかった




答えは目の前にあった

でも僕は彼女の気持ちを




知るのが怖かった














写真提供:GATAG 著作者:George Hodan(著作権放棄)

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[1回]

2014/03/04 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

「想いは流れる」第十詩:罪と罰





どうやらここは

自然公園らしい




舗装されていない

駐車場の奥に何か

小さな建物が並ぶ




最初はトイレで夜を

明かす事になるかと

思ったのだが幸いにも

休憩施設が備わってた




トイレは窓もドアも無く

吹きさらしの建物だった

だけどその休憩施設には

外気を遮断する窓もある




入り口の床が地面だった

拾ってきた木や草もある




そこで僕は木と草を積み

奥の喫煙室から拝借した

ライターで着火し暖を取る




何とか僕たちは助かった様だ




僕がそうしている間

あの娘はずっと椅子に

座って何かを書いていた




日記だと言って彼女は

照れくさそうに笑った




彼女が持っていた

肩掛けのバックには

日記が入っていたのだ




眠る前に彼女は

その日記を絶対に

見ないでねと僕に

何度も念を押した




信用が無いんだなあと

僕が言ったら彼女は

笑いながらこう言った 




「信用してるよ」




僕はその夜眠らなかった

火を絶やさないように

たくさん出る白い煙が

部屋にこもらないように




翌日の朝早くに

彼女は目を覚ました

そして僕を見て

柔らかく微笑んだ 




「何とか夜を越せたね

君が厚着だったのも

良かったんだと思う」




僕がそう言うと

悪戯っ子の様な

表情で白状した




「当然だよ

だって計画的

犯行だったからね」




僕は呆気に取られて

何も言えなかった




最初からこの娘は

すぐ帰るつもりなど

全く無かったのだ




「ごめんね

でも本当にありがとう」




彼女はそう言いながら

僕の文句から逃げる様に

ドアを開けて外に出て





そこで突然倒れた





悪い冗談かと思って

僕は彼女に呼びかけた

だが彼女は動かなかった




慌てて彼女を

抱きかかえたが

息をしていなかった

脈らしきものも感じない




世界が暗転した




僕は悪い夢を見ていた 

僕の声は届かなかった 

彼女の命を奪ったのは 




僕だと気付いてしまった 




風のざわめきの中で 

小鳥達のさえずりの中で 

木漏れ日の煌めきの中で 




微笑みながら君は 

眠り続けていた 




僕の声は届かなかった 

僕は悪い夢を見ていた 

小鳥達のさえずりの中で 

木漏れ日の煌めきの中で 




風のざわめきの中で 




「ごめんね

でも本当にありがとう」




君の最後の言葉が

僕の胸を深く抉った

無理にでも彼女を

止めるべきだった




世界が急速に色褪せてゆく




僕は取り返しの 

付かない事を 

してしまった 




君の笑顔の代償は 

余りにも大きかった 

僕は罰を受けなければ 




目の前の事実が 

氷の冷たさで 

刃となって 

鈍く光る 




その向けられた 

絶望の刃を僕に 

突き刺してくれ 




僕の胸の 

奥底に渦巻く 

罪に届くように 




君の笑顔の代償 

冷たい絶望の刃 

背負った罪と罰 




その痛みに 

耐えられなければ 




そこで全ては終わる……
 
 
 
 
 
 





 
 
 

写真提供:GATAG PublicDomainPictures(著作権放棄)

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

2014/03/03 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

「想いは流れる」第九詩:君が選んだ幸せ





本当に僕が馬鹿だった

そうとしか思えなかった




確かに、駅のホームから

見えた海は近くに感じた

恐らく20分も歩けば

たどり着ける距離だなと




10分歩いてなぜ

終点の駅が海まで

届いていないのか

すぐに思い知った




目の前は崖だった




森に隠れて見えなかった

どうやら海まで行くには

ずっと西まで森を抜けて

遠回りしなければ駄目だ




引き返そうか、と

僕が言うと彼女は

泣きそうな視線で

僕を見つめ返した




でもそれは彼女が

わがままを通す為に

演技をしているわけでは

無いと僕もわかっていた




今まで何度も引き返そうと

言い続けているうちに

気が付いてしまった




「戻ろうか」




この言葉は彼女にとって

人生で初めて見る夢の

終わりを意味してたのだ




本当に甘いな僕は

そう思ったけれど




「……もう少しだけなら

先に進んでみてもいいよ

あの海の方面に降りられる

場所があるかもしれないし」




その言葉に彼女は

本当に嬉しそうに笑う

だが僕が馬鹿だった

そうとしか思えなかった




30分後にはどっちが海か

どっちが駅かもわからなく

なってしまっていたのだ




これはまずいと彼女に

借りた携帯の画面には

「圏外」の文字が浮かぶ




僕は取り返しの

つかないことを

してしまったかも

しれないと思った




3月になったとはいえ

夜や明け方の冷え込みは

まだかなり厳しいはずだ




僕には問題が無くても

彼女はそうはいかない

最悪の予感が頭をよぎる




考えたくも無い最悪の予感が




だが当の本人は

全く落ち込んだ

様子が無かった




たくさん話しながら

楽しそうに森の中を

軽やかに歩いていく

病気だなんて嘘みたいに




世界って眩しいね

風がくすぐったい




そう言いながら

僕の方へ振り向いて

幸せそうに笑っていた




風がくすぐったいなんて 

思ったこともなかった 

世界が輝いているなんて 

思ったこともなかった 




草原で転んで 

痛くないと 

笑っていた 




川の水が 

冷たいと 

驚いていた 




誰もいないところで 

悩んでいるくせに 

誰もいないところで 

泣いているくせに 




それでもあの娘は 

幸せだと笑った 




僕に出来る事なんて 

もう何もなかった 




風がくすぐったいなんて 

思ったこともなかった 

世界が輝いているなんて 

思ったこともなかった 




出逢ってしまったことに 

僕は激しく後悔していた 

出逢わなければきっと 

あの娘は幸せだった 




少なくともこんな

酷く寂しい場所で

死に怯えなくても

済んだはずだった




悩んでいたくせに 

泣いていたくせに 

それでもあの娘は 




幸せだと笑った




陽は西へ大きく傾き

無慈悲な夜の到来を




僕たちに告げていた……
 





 
 
 
 
 
 
 

写真撮影者:サヤキ

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

2014/03/03 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

「想いは流れる」第八詩:優しい共犯者





その場の誰も僕に

何も言わなかった

ただ泣きながら

静かに微笑んでいた




それが僕を

いっそう苦しめた




ありがとうと言われた

何を言ってるんだろうと

はっきりしない頭の中で

そんな事を考えていた




誰も何も言わない

泣いているのに

それでも微笑んで

ありがとうと言った




それが僕を

いっそう苦しめた
 
 





 
 
 
 
 
 
僕たちは現在

なぜか電車に

乗っている




言い訳をしなければ

いけないと思うのだ

外に出た彼女は突然

海が見たいと言った




あの時見れなかった海を




気持ちはわからなくは

なかったのだけれど

当然僕は駄目だと言った




彼女は目を細めて

軽く微笑みながら

こんな事を言った




「歩いている方が体に

負担がかかるわよね

電車で行くのだから

その方が私は楽だわ」




そういう問題じゃ

無いだろうと僕は

もちろん反論した




すると彼女は

ますます目を細めて

僕を脅す作戦に出た




「私はこうして外に

もう出てしまった

あなたも共犯だね




私達もう、引き返せないのよっ」




なんて酷い話だ

騙されたのか僕




でも彼女の言葉に

反論は出来なかった

僕は確かに共犯だし




あまり彼女が歩くのを

見てはいられなかった




最初はあんなに

軽かった足取りが

数分でみじめに

引きずられていた




持っている肩掛けの

小さなバックですら

重そうに見えてしまう




座って景色を

眺めるだけの

電車の方が




賢い選択じゃ

ないかと思った




僕はもう既に

気付いていた

これが彼女の最後の

自由なのだという事に




なるべく彼女の

わがままを聞いて

あげようと僕は病院を

出る時に決めていたのだ




物凄く

怒られると

思うけれど




でも、目の前で

窓の外を眺めながら

子供のようにはしゃぐ

彼女の姿を見ていたら




そんな事は

どうでもいいと

その時の僕は

思ってしまった




やがて電車は

終点に着いた

海が見える小高い

自然に囲まれた山麓




駅のすぐ傍に

美しい森の間を

海へ向かって

川が流れていた




電車を降りて

彼女は木々の間に

ほんの少し見える

海をずっと眺めてた




本当はそこまで

君を連れて行って

あげたかったけど




帰りの電車代しか

僕の財布にはもう

残されてなかった




僕はそれを正直に

彼女に打ち明けて

君の気が済んだら

戻ろうかと言った




彼女はすぐには

答えなかった

そしてしばらくして

こんな事を僕に言った




「歩いて行けない

距離じゃなさそう




ね、行ってみない?」















写真提供:写真素材「足成」様

詩・ポエム ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ←良い記事と思って頂けた方、宜しければクリックお願いします

拍手[0回]

2014/03/03 散文詩:連作で小説に近い詩 Comment(0)

自己紹介とご案内
 
HN:
Sayaki
ご案内:
楽天Books と amazon にて
電子書籍を出版しています。
詳細はリンク下記でご紹介。
 
 
目次:最初から読む
 
 
 
記事紹介・RSS
.
ランクサイト トーナメント戦 優勝作品

「3年待ってね」

「天国に降る雪」

「想いは流れる」(短編)

「いつだって僕の」

「サン・ミシェルの少女」

「想いは流れる」(長編)

「粉雪と涙」

「君の歌が聞こえる」

「最後の言葉」

「天使の両翼」

「君の歌が聞こえる」(後書き)

「最後に見た景色」

「想いは流れる」(後書き)


「君の歌が聞こえる」は初めて

ブログ部門でも評価頂きました。
 
 

注目記事全国ランキング上位作品

「君の歌が聞こえる」9970人/1位

「3年待ってね」5478人/1位

「アルテミスの弓」6171人/1位

「サン.ミシェルの少女」5377人/1位

「珍しいペット」5365人/1位

「君の歌が聞こえる」5438人/2位

「夢も見ずに」5407人/2位

「消えていく私」5423人/2位

「戦争と平和と愛について」5356人/4位

「冥府に住む聖者」5362人/5位

「天国に降る雪」5351人/5位

「悠久の中の一瞬」5339人/5位

「欠片の記憶」5422人/9位

「消えていく世界の片隅で」6203人/9位

 
記事紹介
,,

小説を読もう!様にて

1000 アクセス達成済テキスト

「冥府に住む聖者」公開5日目

「天使の両翼」公開7日目

「天国に降る雪」公開8日目

「想いは流れる」公開6日目


1000 ユニークアクセス達成テキスト

「想いは流れる」公開11日目

「天使の両翼」公開34日目

「天国に降る雪」公開29日目

「冥府に住む聖者」公開36日目



約1ヶ月間で累計アクセスが

10000 を超えました

読んで下さった方感謝致します
 
 
 
カレンダー
 
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
Event

これまでの履歴

定期WEB演奏会の曲に詩を提供

デイリー大阪読書日報 様 
にて二作品紹介

「天使の両翼」

「天国に降る雪」


電子書籍出版C'lamP 様
にて五作品紹介

「オルフェウスの竪琴」

「その向こうに見たもの」

「無理に笑う人」

「夢も見ずに」

「四月になれば」



楽天Books電子書籍kobo

ブクログのPuboo にて

「天使の両翼」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「オルフェウスの竪琴」無料公開


楽天Books電子書籍kobo にて

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始
 
 

楽天Books電子書籍kobo にて

「君の歌が聞こえる」販売開始


楽天Books電子書籍kobo にて

「冥府に住む聖者」短編集 販売開始


amazon にて kindle版

「想いは流れる」販売開始


amazon にて kindle版

「悠久の中の一瞬」短編集 販売開始

 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/09)
(12/31)
(12/26)
(12/23)
(11/23)
 
 
目次:最初から読む